斎場の気になる常識

斎場の種類によって違うアクセス

斎場の種類によって違うアクセス

斎場の種類によって違うアクセス 家族葬や一般葬など様々な規模のお葬式があるなかで、実際におこなうときにはどのような斎場を選んだらよいかと迷う人もいるでしょう。
現代の日本の場合、お葬式ができる斎場には、公営の葬式場や民営の葬式場、お寺をはじめとした宗教施設などのほか、地域の公民館やコミュニティセンターなどがあります。それぞれ立地にも違いがありますが、アクセスの良い場所にあることは、参列者にとって助かるものでしょう。自治体が所有する公営式場は、基本的にその地域の住民が使用することができるものです。火葬場が併設されていることもあり、火葬場への移動が楽であるのが良いところですが、アクセスはあまり良くないこともあります。一方、葬儀会社が保有している民営式場は比較的立地の条件が良いことが多く、駅から近いことも少なくありません。寺院や地域のコミュニティセンターなどは、それぞれの場所によって違いがあり、鉄道駅から近いこともあれば、車での移動が必要な場所にあることもあります。

自宅以外の斎場を使うには予約しないとなりません

自宅以外の斎場を使うには予約しないとなりません 斎場は葬儀会場を意味しますが、昔はほとんどが自宅で行っていました。しかし自宅で葬儀を行うとなるといろんな意味で自分たちで棺桶以外のほとんどすべてを用意しないとならないし、自宅内は大勢の人で混雑してしまいます。
これらの手間を省きたいため、また近くの地域内に葬儀業者が運営する葬儀会館などができてきたために、今では全国的にほとんどの地域やご遺族がどこかの葬儀会館でお葬式を行うようになりました。
これだとほとんどを葬儀会館のスタッフが用意してくれるので、ご遺族は最小限の手間だけで済むからです。しかし葬儀会館での葬儀を行うには事前予約が必要です。
というのは自宅以外の斎場で開催するとなると、他にも希望者が出現するかもしれないので、他の希望者と時間帯が重ならないように避けないとなりません。
しかし予約は他の希望者と重ならないようにすればいいというわけではありません。これ以外に気を付けることは友引の日を避けることです。この日は死んだ人が生きている人を死後の世界へ連れていくということで、火葬場が休業しています。
さらに火葬場が営業していても、火葬できる数は限界があります。だから火葬場が満杯でない日でないとなりません。またお寺さんのお坊さんのスケジュールも重ならないようにしないとなりません。
この3つがすべてそろって初めて葬儀告別式の開催が可能になります。

Copyright © 2018 斎場の気になる常識 All Rights Reserved.